コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村錦花 きむら きんか

2件 の用語解説(木村錦花の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村錦花 きむら-きんか

1877-1960 大正-昭和時代の劇作家,歌舞伎研究家。
明治10年5月17日生まれ。歌舞伎の子役をつとめながら創作をこころざす。明治41年明治座興行主任。松竹にうつり歌舞伎座幕内部長をへて昭和3年取締役。戯曲に「研辰(とぎたつ)の討たれ」など60編余,著作に「近世劇壇史」など。昭和35年8月19日死去。83歳。東京出身。本名は錦之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村錦花
きむらきんか
(1877―1960)

劇作家、歌舞伎(かぶき)研究家。東京・牛込岩戸町に生まれ、新富町に育つ。父が初世市川左団次一座にいた関係から子役で舞台に出たが、文筆志望で、1908年(明治41)岡鬼太郎(おにたろう)とともに2世左団次の明治座に入座。のち左団次が松竹専属になるのに従って松竹合名社に移り、幕内(まくうち)部長から28年(昭和3)には松竹株式会社の取締役となった。劇作は、2世市川猿之助のための『研辰(とぎたつ)の討たれ』『東海道中膝栗毛(ひざくりげ)』など多数あり、著書に『明治座物語』『近世劇壇史』『守田勘弥(かんや)』などがある。夫人の木村富子(とみこ)(1890―1944)も劇作家で、2世猿之助のために書き下ろした舞踊劇『高野物狂(こうやものぐるい)』『黒塚』『独楽(こま)』などが知られる。[藤田 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村錦花の関連キーワード金子洋文飯沼剛一伊藤松雄大村嘉代子大森痴雪河井弥八郷田悳関口次郎仲木貞一藤井真澄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone