コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村探元 きむら たんげん

美術人名辞典の解説

木村探元

江戸中期の画家。薩摩生。名は守広・時貞、通称は村右衛門、別号大弐・三暁庵。江戸に出て狩野探信に学ぶ。島津家に仕える。その後禁裏に召され、法橋に叙せられた。狩野探幽・雪舟に私淑し、洒脱で高趣な室町風水墨画を能くした。画論『三暁庵談話』等がある。明和4年(1767)歿、89才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村探元 きむら-たんげん

1679-1767 江戸時代中期の画家。
延宝7年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)の人。江戸で狩野探信(かのう-たんしん)(守政)に師事。雪舟にも傾倒し,室町風の水墨画を得意とした。鹿児島藩の御用絵師をつとめる。享保(きょうほう)19年法橋(ほっきょう)。明和4年2月3日死去。89歳。名は時員(ときかず)。通称は村右衛門。別号に大弐(だいに),三暁庵。作品に「富士山図」,著作に「三暁庵談話」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木村探元

没年:明和4.2.3(1767.3.2)
生年:延宝7(1679)
江戸中期の画家。名は時員,守広,通称は村右衛門,別に大弐,三暁庵と号した。薩摩(鹿児島県)の人。はじめ坂元養伯に学び,狩野探幽に私淑,江戸に出て狩野探信に入門する。のち薩摩に帰り,島津家に仕えて享保19(1734)年法橋に叙せられ,「薩摩の探元」とその名を馳せたという。画は室町風水墨画に特色をみせたが,「製茶図屏風」(個人蔵)のような風俗画も遺している。『三暁庵雑志』3巻の著がある。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

木村探元の関連キーワード久隅守景大弐探元殷元良

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android