コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木製品工業 もくせいひんこうぎょう

1件 の用語解説(木製品工業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もくせいひんこうぎょう【木製品工業】

主として製材,ベニヤ板,合板などの木製基礎資材を製造する産業,ならびにこれらの木製基礎資材や竹,籐などを主要材料とする製品を製造する産業。日本の産業分類(1993年10月改訂)によれば,中分類の木材・木製品製造業と家具・装備品製造業(ただし金属製家具製造業,マットレス・組スプリング製造業を含む)がこれにあたる。それぞれの出荷額をみると,木材・木製品製造業は4兆2264億円で,そのうち一般製材業(1兆5624億円),合板製造業(8551億円)の比重が大きく,続いて木製容器製造業(2333億円)となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木製品工業の関連キーワード製材ベニヤ板紅白粉ベニヤ枚数立看面材札鶴ベニヤ林ベニヤ産業

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone