末次船(読み)すえつぐぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末次船
すえつぐぶね

17世紀初め,長崎在住の豪商末次平蔵朱印状を受けて,東南アジア貿易に活躍させた,いわゆる御朱印船の一つ。長崎の清水寺には,寛永 11 (1634) 年に奉納された当時の日本では珍しいほど写実的な絵馬がある。これによって,日本前型またはミスツイス造りと呼ばれた,中・洋・和折衷型の朱印船船型,艤装 (ぎそう) が明らかになった。それから推測される帆走性能や実用性の高さは一流のもので,近世日本の生んだ最高の航洋帆船であろう。同型船に,荒木船末吉船がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すえつぐぶね【末次船】

朱印船の一。末次平蔵が朱印状を受け、安南・ルソン方面と貿易を行なった船。江戸時代初頭まで続いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android