本谷有希子(読み)もとや ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本谷有希子 もとや-ゆきこ

1979- 平成時代の女優,劇作家,演出家,小説家。
昭和54年7月14日生まれ。平成10年ENBUゼミナールにはいり演劇コースで学ぶ。12年「劇団、本谷有希子」を旗揚げ小説家デビューは「群像増刊エクスタス」に発表した「江利子と絶対」。19年「遭難、」で鶴屋南北戯曲賞。21年「幸せ最高ありがとうマジで!」で岸田国士戯曲賞。23年「ぬるい毒」で野間文芸新人賞。25年短編集「嵐のピクニック」で大江健三郎賞。26年「自分を好きになる方法」で三島由紀夫賞石川県出身。金沢錦丘高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

本谷有希子

日本の小説家、劇作家、演出家。1979年、石川県生まれ。舞台女優、声優を経て、2000年に「劇団、本谷有希子」を旗揚げ。主宰として作・演出を手掛け、07年に戯曲『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を、09年に『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を、それぞれ受賞。02年からは小説家としても活動し、独特の世界観で人間の本質を描いた問題作を次々と発表。14年に『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞を、16年に『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞を受賞した。この他の代表作に、『ぬるい毒』(第33回野間文芸新人賞受賞)、『嵐のピクニック』(第7回大江健三郎賞受賞)などがある。

(2016-1-21)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本谷有希子の関連情報