コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間俊平 ほんま しゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間俊平 ほんま-しゅんぺい

1873-1948 明治-昭和時代のキリスト教伝道者。
明治6年8月15日生まれ。少年時代に大工の徒弟となり,明治27年東京大倉組に入社。30年留岡幸助より受洗。のち山口県秋吉に移住,大理石採掘所を創設して出獄者や非行少年更生につくし,また全国各地で巡回講演,訪問伝道をおこなった。森鴎外(おうがい)の短編「鎚一下」のモデル。昭和23年8月13日死去。76歳。新潟県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本間俊平の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android