コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴の木/厚朴 ホオノキ

デジタル大辞泉の解説

ほお‐の‐き〔ほほ‐〕【朴の木/厚朴】

モクレン科の落葉高木。日本特産。山林中に自生し、高さ約20メートル。葉は大形の倒卵形で、枝先に集まってつく。5、6月ごろ、黄白色の大形の花を開き、強い芳香を放つ。花びらはさじ状で6~9枚ある。材は軟らかく、家具や下駄に利用。葉は食べ物を包むのに用いられた。ほお。ほおがしわ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほおのき【朴の木】

モクレン科の落葉高木。日本特産。山中に生える。葉は枝先付近に集まり、大形で卵形。5月、枝先に大輪の芳香ある白花をつけ、花弁は八~九。材は心材が灰緑色で、加工容易。彫刻・下駄・器具の柄・椀など用途は広い。葉は古くは食物を包むのに用いた。樹皮は漢方で収斂・利尿・去痰薬とする。ほお。朴柏ほおがしわ。 〔「朴の花」は [季] 夏。《終りつゝある-の花なほ匂ふ/高浜年尾》〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朴の木/厚朴の関連キーワード飛騨高山の有道しゃくしモクレン科香北[町]高浜年尾中取り天然

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android