コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴堧 ぼくせん Pak Yŏn

1件 の用語解説(朴堧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくせん【朴堧 Pak Yŏn】

1378‐1458
朝鮮,李朝の音楽家,官僚。字は担夫,号は蘭渓。密陽の人。1411年,文科に及第し,位は正二品芸文館大提学に至る。1427年,自作の黄鐘と編磬(へんけい)によって十二律の音階を完成して楽制を整え,31年,宮廷の朝会に使用した郷楽を廃して中国の雅楽を採用し,その楽譜が《世宗実録》に残る。高句麗の王山岳,新羅の于勒(うろく)とともに朝鮮の三楽聖と呼ばれ,同時代の科学者蔣英実と並び称される。【吉田 光男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の朴堧の言及

【雅楽】より

…高麗時代を通じて雅楽と宮中楽の整備をはかり,最後の恭譲王の時には雅楽署が設置された。李朝(1392‐1910)に入ると,第4代世宗は朴堧(ぼくせん)に命じて唐代雅楽の制度を研究させ,宮中の祭祀楽と宴礼楽を再整備し,〈定大業〉〈保太平〉〈発祥〉〈鳳来儀〉などの新楽を加えた。〈定大業〉〈保太平〉は1464年(世祖9)に宗廟の祭礼楽として採択された。…

※「朴堧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朴堧の関連キーワード田辺尚雄高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録音楽家ストリートミュージシャン声楽家AFMルスト, フリードリ・ヴィルヘルム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone