朝会(読み)あさかい

精選版 日本国語大辞典「朝会」の解説

あさ‐かい ‥クヮイ【朝会】

〘名〙 茶事七式の一つ。の涼しいうちに催す茶事。夏季の朝の六つ半時(午前七時)に行なう。朝の茶の湯。朝茶。
※咄本・醒睡笑(1628)八「歴々の衆三人ともなひ朝会(アサクヮイ)に行き」

ちょう‐かい テウクヮイ【朝会】

〘名〙
① 諸臣が朝廷に参会すること。また、その儀式
※令集解(868)職員「朱云。〈略〉朝会引導。謂節会之日。命婦等引導也」 〔漢書‐張敞伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「朝会」の解説

【朝会】ちようかい(てうくわい)

百臣が朝廷に会する儀式。〔晋書、恭帝紀〕元煕元年春正壬辰改元す。山陵(安帝陵)の(うが)たざるを以て、會せず。

字通「朝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「朝会」の解説

あさ‐かい〔‐クワイ〕【朝会】

朝の茶事」に同じ。

ちょう‐かい〔テウクワイ〕【朝会】

朝礼ちょうれい」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝会の言及

【朝礼】より

…軍,学校,企業など集団としての目的志向の強い組織において,一日の業務開始前に構成員が集合し,人員の確認,指揮者・責任者からの必要事項の伝達,および構成員相互の士気の鼓舞などを行う朝の行事。朝会(ちようかい)とも呼ぶ。宗教教団の勤行(ごんぎよう)や軍組織での点呼などに起源をもつと考えられるが,社会的に広まったのは学校行事としての定着をみてからであろう。…

※「朝会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android