コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴市秦田来津 えちのはたの たくつ

2件 の用語解説(朴市秦田来津の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朴市秦田来津 えちのはたの-たくつ

?-663 飛鳥(あすか)時代の武人。
古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子の謀反にくわわるがゆるされる。斉明天皇7年百済(くだら)(朝鮮)の王子豊璋(ほうしょう)にしたがい,百済再興のため兵5000をひきいて渡海。将軍鬼室福信(きしつ-ふくしん)との対立もあって新羅に攻めこまれる。天智天皇2年8月28日白村江(はくそんこう)の戦いで戦死した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

朴市秦田来津

没年:天智2.8(663)
生年:生年不詳
7世紀後半の武将。近江愛智郡出身の豪族。大化1(645)年9月古人皇子の謀反に加わったが,事変後罰せられることはなく,中大兄皇子(のちの天智天皇)に登用されて,百済再興のために5000の兵を率いて,そのとき日本にきていた百済王子豊璋(余豊璋)の帰国に従って百済に渡った。まもなく王位に就いた豊璋は,都を州柔(錦江下流域)から避城(全羅北道金堤か)に遷すことを議した。田来津は要害の地州柔からの遷都に反対したが,いれられず遷都は実現した。はたして遷都後まもなく新羅に攻めこまれ,再び州柔が都となった。天智2(663)年8月,白村江における唐水軍との戦闘に参加したが奮戦むなしく大敗し,戦死をとげた。

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

朴市秦田来津の関連キーワード朴市秦田来津児童相談所大津宮大野城跡定時制高校百済王氏基肄城岡寺吐谷渾認証保育所

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone