コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木功 あおきいさお

3件 の用語解説(青木功の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木功
あおきいさお

[生]1942.8.31. 千葉,我孫子
プロゴルファー。 1957年我孫子中学校を卒業後,東京都民ゴルフ場キャディとして勤務。 1964年4度目の挑戦でプロテストに合格。 1971年に関東プロ選手権大会で初優勝を果たすまでに6年を要したが,以後トッププロへの道を邁進する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木功 あおき-いさお

1942- 昭和後期-平成時代のプロゴルファー。
昭和17年8月31日生まれ。キャディーからスタートし,昭和39年プロ入り。46年関東プロで初優勝。以来,日本オープン2勝をふくめ国内通算56勝。53年から4年連続賞金王。海外でも,58年ハワイアンオープンで最終ホールイーグルをきめ逆転優勝するなど4勝。平成4年から米シニアツアーに参加。16年世界殿堂入り。千葉県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木功
あおきいさお
(1942― )

プロゴルファー。千葉県生まれ。1964年(昭和39)プロ入り。1980年6月、世界四大トーナメントの一つ、全米オープンでジャック・ニクラウス(アメリカ)と競り合って2位入賞、「グリーンから100ヤード以内のテクニックでは青木は世界一」とアメリカのゴルフ専門誌が評した。寄せの技術、つまりショートゲームでは高いテクニックを誇る。1983年のハワイアン・オープンでみせた逆転の快打はいまだにファンの記憶に新しい。18番ホールの第3打地点、およそ100ヤードからそのままカップに沈めて優勝を決めた一打である。後年は、国内のトーナメントよりもアメリカのシニア・ツアーに数多く参戦、活躍した。日本オープン優勝2回(1983、1987)、日本プロ優勝3回(1973、1981、1986)のほか関東オープン(1974、1975、1980、1986)、関東プロ(1971、1972、1974、1978、1979、1983)などに優勝。日本シニア・オープンには4連勝(1994、1995、1996、1997)の偉業を達成している。優勝総数は国内で56回、海外では11回(シニアを含む)を数えている(1998年5月現在)。[塩田 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青木功の関連キーワード樋口久子全米プロゴルフ選手権岡本綾子河野高明小林浩美杉原輝雄杉本英世中島常幸二瓶綾子林由郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青木功の関連情報