コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木功 あおきいさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木功
あおきいさお

[生]1942.8.31. 千葉,我孫子
プロゴルファー。 1957年我孫子中学校を卒業後,東京都民ゴルフ場にキャディとして勤務。 1964年4度目の挑戦でプロテストに合格。 1971年に関東プロ選手権大会で初優勝を果たすまでに6年を要したが,以後トッププロへの道を邁進する。 1978年には世界マッチプレー選手権で優勝,世界でもトップに立った。 1980年の全米オープンゴルフ選手権大会では,優勝した J.ニクラウスとともにトーナメントレコードを記録して2位に入る。さらに,1983年のハワイアン・オープン (アメリカ・ツアー) では,最終ホールで逆転優勝。同 1983年ヨーロッパ・オープンにも優勝。特異なスタイルのパット,巧みなショートゲームで,国内 58勝,海外では7勝をあげた。 1995年からシニア・ツアーに参加。 2004年世界ゴルフ殿堂入りした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木功 あおき-いさお

1942- 昭和後期-平成時代のプロゴルファー。
昭和17年8月31日生まれ。キャディーからスタートし,昭和39年プロ入り。46年関東プロで初優勝。以来,日本オープン2勝をふくめ国内通算56勝。53年から4年連続賞金王。海外でも,58年ハワイアンオープンで最終ホールにイーグルをきめ逆転優勝するなど4勝。平成4年から米シニアツアーに参加。16年世界殿堂入り。千葉県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木功
あおきいさお
(1942― )

プロゴルファー。千葉県生まれ。1964年(昭和39)プロ入り。1980年6月、世界四大トーナメントの一つ、全米オープンでジャック・ニクラウス(アメリカ)と競り合って2位入賞、「グリーンから100ヤード以内のテクニックでは青木は世界一」とアメリカのゴルフ専門誌が評した。寄せの技術、つまりショート・ゲームでは高いテクニックを誇る。1983年のハワイアン・オープンでみせた逆転の快打はいまだにファンの記憶に新しい。18番ホールの第3打地点、およそ100ヤードからそのままカップに沈めて優勝を決めた一打である。後年は、国内のトーナメントよりもアメリカのシニア・ツアーに数多く参戦、活躍した。日本オープン優勝2回(1983、1987)、日本プロ優勝3回(1973、1981、1986)のほか関東オープン(1974、1975、1980、1986)、関東プロ(1971、1972、1974、1978、1979、1983)などに優勝。日本シニア・オープンには4連勝(1994、1995、1996、1997)の偉業を達成している。優勝総数は国内で56回、海外では11回(シニアを含む)を数えている(1998年5月現在)。[塩田 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青木功の関連キーワード初動負荷トレーニング永久シード井戸木鴻樹飯合肇林由郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青木功の関連情報