コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李瀷 りよくYi Ik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李瀷
りよく
Yi Ik

[生]粛宗8 (1682)
[没]英祖39 (1763)
朝鮮,李朝時代の実学者。字は子新。号は星湖。京畿道驪州の人。学問研究に生涯を捧げ,柳馨遠の理論を継承,発展させた実学の大家。博識で,特に天文,地理,経書,歴史書,医薬などに数多くの業績を残した。また重農思想に根ざした田制改革論者で,限田法の施行を主張。その門下から安鼎福をはじめ多数が輩出した。主著『星湖僿説』(30巻),『藿憂録』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りよく【李瀷 (R)I Ik】

1681‐1763
朝鮮実学派の巨匠。字は子新,号は星湖。京畿道驪州(れいしゆう)の人。南人派に属する彼は,大司憲李夏鎮の子として父の流配地で生まれ,その兄李潜も,党争の犠牲となった。仕官の道を断念し,京畿道広州の瞻星(せんせい)里にこもって,柳馨遠(りゆうけいえん)の実学思想を継承発展させるべく心血を注いだ。代表作《星湖僿説(さいせつ)》は3057項目を天地門,万物門,人事門,経史門,詩文門に分類して論述しており,そのような百科全書的学風は高弟安鼎福,尹東奎(いんとうけい),李家煥,李重煥らによって継承され,丁若鏞(ていじやくよう)によって集大成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

李瀷の関連キーワード10月18日実学[朝鮮]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android