コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安鼎福 あんていふく An Chǒngbok

3件 の用語解説(安鼎福の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安鼎福
あんていふく
An Chǒngbok

[生]粛宗38(1712)
[没]正祖15(1791)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の英祖,正祖時代の学者。広州の人。字は百順。号は順菴。朝鮮の通史である『東史綱目』の著者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あんていふく【安鼎福 An Chŏng‐bok】

1712‐91
朝鮮実学派の学者,歴史学者。字は百順,号は順菴または椽軒。広州の人。科挙試のための学問を拒み,星湖李瀷(りよく)の学徳を慕ってその門下に入り,経史に明るい。李瀷の死後,少壮星湖学派天主教(キリスト教)に傾倒する者が続出したが,反対派の攻撃の口実になることを憂えて,1785年に《天学考》《天学問答》(天学は天主教)を著して戒めた。その効なく彼の死後の1801年には辛酉(しんゆう)教獄が起きる。国王に招かれて若干の官職を歴任したが,晩年は著述や読書に専念し,師李瀷の文集《星湖僿説類選》を編撰したほか,編年体の歴史書《東史綱目》20巻や,《下学指南》その他の著作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安鼎福
あんていふく
(1712―1791)

朝鮮、李(り)朝の学者。字(あざな)は百順、号は順菴(じゅんあん)、諡号(しごう)は文粛(ぶんしゅく)。推挙で任官したが、辞して郷里広州で20余年間講学に努めた。のち、英祖(在位1724~1776)末年に王世孫(後の正祖。在位1776~1800)の教育係となって活躍し、官は同知中枢に昇り、広成君に封ぜられた。彼は、朱子学を自己の学問の土台としながら、師である星湖李(りよく)(1681―1763)の学風を継承して経世致用の実学を研究し、学界の重鎮となった。歴史学に通じ『東史綱目』を著したほか、『順菴集』『臨官政要』『天学考』など多くの著作がある。[山内弘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安鼎福の関連キーワード金正喜旧歴史学派新歴史学派ベルンハイム方東樹非学者和学者震檀学会鄭斉斗李徳懋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone