村上俊平(読み)むらかみ しゅんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上俊平 むらかみ-しゅんぺい

1838-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年9月4日生まれ。村上随憲の3男。清川八郎にしたがい新徴組に応募して京都にゆくが,尊攘を主張してともに江戸にもどる。清川が暗殺された後,京都で幕府に捕らえられ,元治(げんじ)元年7月20日禁門の変に際し六角の獄で処刑された。27歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android