コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村国嶋主 むらくにの しまぬし

1件 の用語解説(村国嶋主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村国嶋主 むらくにの-しまぬし

?-764 奈良時代の官吏。
村国男依(おより)の孫。村国志我麻呂(しがまろ)の子。藤原仲麻呂につかえ,美濃(みの)(岐阜県)の少掾(しょうじょう)となる。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年藤原仲麻呂の乱に際し,不破関に派遣された勅使に帰順したが,逆党とみなされ処刑された。2年後に無実であったとされ,従五位下をおくられる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村国嶋主の関連キーワード孝謙天皇池田真枚忌部鳥麻呂塩焼王藤原久須麻呂藤原薩雄桜島大日向村の分村移民最低賃金正倉院宝物

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone