コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村国嶋主 むらくにの しまぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村国嶋主 むらくにの-しまぬし

?-764 奈良時代の官吏。
村国男依(おより)の孫。村国志我麻呂(しがまろ)の子。藤原仲麻呂につかえ,美濃(みの)(岐阜県)の少掾(しょうじょう)となる。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年藤原仲麻呂の乱に際し,不破関に派遣された勅使に帰順したが,逆党とみなされ処刑された。2年後に無実であったとされ,従五位下をおくられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村国嶋主の関連キーワード村国男依奈良時代官吏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android