コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不破関 ふわのせき

6件 の用語解説(不破関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不破関
ふわのせき

岐阜県南西部,伊吹山地の南部にある古代三関の一つ。古くは東山道の要地で,典型的な狭間地形に位置し美濃と近江との国境をなしていた。壬申の乱 (672) には天武天皇の本営が設置された。延暦8 (789) 年ほかの2関とともに廃止。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不破関【ふわのせき】

古代・中世の関所。愛発(あらち)・鈴鹿とともに三関(さんかん)の一つ。東山道の近江(おうみ)・美濃(みの)の国境に置かれ,岐阜県不破郡関ヶ原町松尾に関跡がある。
→関連項目揖斐関ヶ原養老国定公園柏原宿関西鈴鹿山脈関ヶ原[町]美濃国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふわのせき【不破関】

美濃国不破郡に設置された関所。現在の岐阜県不破郡関ヶ原町松尾地区に当たる。この地域は近江から濃尾平野へ出る軍事・交通上の要衝であり,7世紀以前から在地首長による柵列など簡単な施設があったと想定される。672年の壬申(じんしん)の乱では,《日本書紀》に〈不破之道〉をふさぐとみえ,臨時的な施設が置かれたと推測される。そして乱後の7世紀末~8世紀初めに恒常的な設備が置かれたが,701年(大宝1)に成立した大宝律令では,伊勢鈴鹿(すずか)・越前愛発(あらち)とともに,律令国家にとって最も重要な三関一つとして,美濃不破関が設定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふわのせき【不破関】

古代の三関の一。美濃国の近江国境付近(現在の岐阜県不破郡関ヶ原町)に、近江から東山道へ出る要地を守るために置かれた。不破の関屋。789年廃止。⦅歌枕⦆ 「今はとて立帰たちかえりゆくふるさとの-路に都忘るな/後撰 離別

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

ふわのせき【不破関】

岐阜県不破郡関ヶ原町にあった古代の東山道の関所。673年(天武天皇2)に、天武天皇の命により都(飛鳥浄御原宮)を守るために、東海道の鈴鹿関(三重県亀山市ほか、所在が明らかではない)、北陸道の愛発関(あらちのせき)(福井県敦賀市ほか、所在が明らかではない)とともに設けられ、701年(大宝1)の大宝律令によって正式に定められた関で、この3つの関を三関という。この三関から東を東国、あるいは関東とよんだ。789年(延暦8)に廃止されたが、その後東山道の関所として復活した。現在、関跡には西城門跡、土塁の一部が残っている。また跡地の一角に不破関資料館が建てられ、発掘された和同開珎や陶器が展示されている。JR東海道本線関ヶ原駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不破関
ふわのせき

美濃(みの)国(岐阜県不破郡関ヶ原町)に置かれた古代の関所。伊勢(いせ)国(三重県)鈴鹿(すずか)関、越前(えちぜん)国(福井県)愛発(あらち)関とともに三関(さんかん)の一つ。646年(大化2)の大化改新の詔(みことのり)に「関塞(せきそこ)、斥候(うかみ)、防人(さきもり)を置け」とあるのに基づいて設けられたものと思われる。壬申(じんしん)の乱(672)のときには大海人皇子(おおあまのおうじ)(後の天武(てんむ)天皇)が本営を置いたが、関所は設けられていなかった。708年(和銅1)には三関国守のことが『続日本紀(しょくにほんぎ)』にみえるから、このときまでには置かれていたことがわかる。709年藤原房前(ふささき)が東海、東山両道の関(かんさん)(関所、とりで)検察のとき、美濃守(かみ)が賞揚されている。桓武(かんむ)天皇のとき789年(延暦8)7月、蝦夷(えぞ)征討も進んだため、交通の妨げとなるとして、三関は停廃された。しかし、国家の大事に際し固関使(こげんし)が形式的に派遣された。[田名網宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不破関の関連キーワード不破の関岐阜県不破郡関ケ原町今須岐阜県不破郡関ケ原町小関岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原岐阜県不破郡関ケ原町玉岐阜県不破郡関ケ原町中町岐阜県不破郡関ケ原町西町岐阜県不破郡関ケ原町野上岐阜県不破郡関ケ原町松尾岐阜県不破郡関ケ原町山中

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不破関の関連情報