コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山自伯 むらやま じはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山自伯 むらやま-じはく

1647-1706 江戸時代前期の医師。
正保(しょうほ)4年生まれ。肥前唐津(からつ)(佐賀県)の人。長崎の吉田自休(じきゅう)に外科をまなぶ。元禄(げんろく)4年(1691)吉田自庵(じあん),栗崎道有(どうゆう)とともに幕府医官となった。宝永3年3月死去。60歳。名は元徳。著作に「村山氏外科全書」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村山自伯の関連キーワード正保

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android