コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田兆治 ムラタチョウジ

3件 の用語解説(村田兆治の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むらた‐ちょうじ〔‐テウヂ〕【村田兆治】

[1949~ ]プロ野球選手。広島の生まれ。昭和43年(1968)東京オリオンズ千葉ロッテの前身)に入団。独特のフォームは「まさかり投法」とよばれ、エースとして活躍。通算215勝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田兆治 むらた-ちょうじ

1949- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和24年11月27日生まれ。昭和43年東京(現ロッテ)に入団。真っ向から投げおろす「まさかり投法」による速球,フォークを武器にエースとして活躍。58年ひじを手術,翌年復帰。日曜日先発を予告し,サンデー兆治と話題になった。実働22年,通算215勝177敗,防御率3.24。引退後は離島の少年野球指導に尽力。平成17年野球殿堂入り。広島県出身。福山電波工卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村田兆治
むらたちょうじ
(1949― )

プロ野球選手(投手:右投右打)。11月27日、広島県生まれ。福山電波工業高(現、近畿大学附属広島高等学校福山校)から1967年(昭和42)のドラフトで東京オリオンズ(1969年からロッテオリオンズに球団名変更、現、千葉ロッテマリーンズ)から1位指名されて1968年プロ入りした。4年目の1971年、独特のダイナミックな投球フォーム「マサカリ投法」を完成させ、12勝をマーク。1974年には日本シリーズ第6戦で勝利投手となって日本一を決めた。1976年は自己最多の21勝で奪三振王、1977年、1979年、1981年にも奪三振王に輝き、1981年は19勝で最多勝利も手にした。しかし、1983年に故障で右肘(ひじ)を手術、再起不能といわれたが、1984年シーズン途中で復活を果たした。翌1985年には、肘への負担軽減のために登板間隔を長くあけ、日曜日ごとに先発して17勝をあげ、「サンデー兆治」とよばれた。1990年(平成2)も10勝を記録し、通算215勝として同年限りで引退した。最大の武器フォーク・ボールは両刃(もろは)の剣で、通算148暴投は歴代1位(2015年時点)の記録である。[出村義和]
 実働22年間の通算成績は、登板試合604、投球回3331と3分の1、215勝177敗、防御率3.24、奪三振2363、完投184、完封36。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最多セーブ1回、最優秀防御率3回、最多奪三振4回、ベストナイン1回。2005年(平成17)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『村田兆治著『村田兆治の直球人生』(1991・日刊スポーツ出版社) ▽村田兆治著『まだ、現役には負けられない!――自分の人生、自分がエース!先発完投で生き抜いて』(2004・プレジデント社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村田兆治の関連キーワード関根潤三森祇晶山田久志吉田義男若松勉大沢啓二駒田徳広佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村田兆治の関連情報