コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田兆治 ムラタチョウジ

デジタル大辞泉の解説

むらた‐ちょうじ〔‐テウヂ〕【村田兆治】

[1949~ ]プロ野球選手。広島の生まれ。昭和43年(1968)東京オリオンズ千葉ロッテ前身)に入団。独特のフォームは「まさかり投法」とよばれ、エースとして活躍。通算215勝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田兆治 むらた-ちょうじ

1949- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和24年11月27日生まれ。昭和43年東京(現ロッテ)に入団。真っ向から投げおろす「まさかり投法」による速球,フォークを武器にエースとして活躍。58年ひじを手術,翌年復帰。日曜日先発を予告し,サンデー兆治と話題になった。実働22年,通算215勝177敗,防御率3.24。引退後は離島の少年野球指導に尽力。平成17年野球殿堂入り。広島県出身。福山電波工卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村田兆治
むらたちょうじ
(1949― )

プロ野球選手(投手:右投右打)。11月27日、広島県生まれ。福山電波工業高(現、近畿大学附属広島高等学校福山校)から1967年(昭和42)のドラフトで東京オリオンズ(1969年からロッテオリオンズに球団名変更、現、千葉ロッテマリーンズ)から1位指名されて1968年プロ入りした。4年目の1971年、独特のダイナミックな投球フォーム「マサカリ投法」を完成させ、12勝をマーク。1974年には日本シリーズ第6戦で勝利投手となって日本一を決めた。1976年は自己最多の21勝で奪三振王、1977年、1979年、1981年にも奪三振王に輝き、1981年は19勝で最多勝利も手にした。しかし、1983年に故障で右肘(ひじ)を手術、再起不能といわれたが、1984年シーズン途中で復活を果たした。翌1985年には、肘への負担軽減のために登板間隔を長くあけ、日曜日ごとに先発して17勝をあげ、「サンデー兆治」とよばれた。1990年(平成2)も10勝を記録し、通算215勝として同年限りで引退した。最大の武器フォーク・ボールは両刃(もろは)の剣で、通算148暴投は歴代1位(2015年時点)の記録である。[出村義和]
 実働22年間の通算成績は、登板試合604、投球回3331と3分の1、215勝177敗、防御率3.24、奪三振2363、完投184、完封36。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最多セーブ1回、最優秀防御率3回、最多奪三振4回、ベストナイン1回。2005年(平成17)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『村田兆治著『村田兆治の直球人生』(1991・日刊スポーツ出版社) ▽村田兆治著『まだ、現役には負けられない!――自分の人生、自分がエース!先発完投で生き抜いて』(2004・プレジデント社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村田兆治の関連キーワードフランク ジョーブトミー・ジョン手術沢村賞村田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村田兆治の関連情報