コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村野一貞尼 むらの いっていに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野一貞尼 むらの-いっていに

?-1837 江戸時代後期の歌人。
加藤千蔭の門人。大和(奈良県)高取藩主植村家長の妻於万世(静心院)につかえる。のち仏門にはいり詠歌三昧(ざんまい)の余生をおくった。村田多勢子と親交をむすぶ。天保(てんぽう)8年死去。相模(さがみ)(神奈川県)出身。名は直,もと子。家集に「はなのなごり」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村野一貞尼の関連キーワード加藤千蔭一貞尼