コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜国 とこく

3件 の用語解説(杜国の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とこく【杜国】

坪井つぼい杜国

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とこく【杜国】

?‐1690(元禄3)
江戸前期の俳人。姓は坪井,通称は庄兵衛。没したのは30歳余と推測される。名古屋御園町の富裕な米穀商で,町代を務めた。1685年(貞享2)空米(くうまい)売買の罪で御領分追放となり,三河の畠村に隠棲,のち保美村に移った。変名して南喜左衛門と称し,俳号も野仁(野人,の人)と改めた。前年の冬,名古屋連衆と巻いた《冬の日》五歌仙に示された杜国の豊かな詩才を,芭蕉はことに愛した。87年冬再度尾張を訪れた芭蕉は,杜国が三河に隠棲していることを知らされ,ただちに越人(えつじん)を伴って後戻りし,杜国を慰問した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杜国
とこく
(?―1690)

江戸前期の俳人。坪井氏。名古屋の米問屋。1684年(貞享1)冬、『野ざらし紀行』の旅途次の芭蕉(ばしょう)を名古屋に迎え、入門。そのおり、芭蕉を囲んで野水(やすい)、荷兮(かけい)、重五(じゅうご)、羽笠(うりつ)、正平(しょうへい)らと『冬の日』五歌仙(追加表六句)が成った。1685年空米(くうまい)売買の罪で名古屋を追放となり、三河(みかわ)国保美(ほび)(愛知県田原(たはら)市保美)に隠棲(いんせい)するが、1687年『笈(おい)の小文(こぶみ)』の旅途次の芭蕉は、わざわざその地を訪ね、吉野、高野(こうや)より須磨(すま)、明石(あかし)の旅にといざなっている。保美に没しているが、享年未詳。支考は「杜国は故翁の愛弟なるに、不幸短命の嘆あり」(本朝文鑑(ぶんかん))と記している。35、6歳か。
 つゝみかねて月とり落す霽(しぐれ)かな(冬の日)[復本一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杜国の関連キーワード浅見左逸伊藤信徳阿形但秀尼坂好道道生庵卜顧半井和年談林十百韻智月尼斎藤賀子多賀谷亀翁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone