コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜国 とこく

世界大百科事典 第2版の解説

とこく【杜国】

?‐1690(元禄3)
江戸前期の俳人。姓は坪井,通称は庄兵衛。没したのは30歳余と推測される。名古屋御園町の富裕な米穀商で,町代を務めた。1685年(貞享2)空米(くうまい)売買の罪で御領分追放となり,三河の畠村に隠棲,のち保美村に移った。変名して南喜左衛門と称し,俳号も野仁(野人,の人)と改めた。前年の冬,名古屋連衆と巻いた《冬の日》五歌仙に示された杜国の豊かな詩才を,芭蕉はことに愛した。87年冬再度尾張を訪れた芭蕉は,杜国が三河に隠棲していることを知らされ,ただちに越人(えつじん)を伴って後戻りし,杜国を慰問した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杜国
とこく
(?―1690)

江戸前期の俳人。坪井氏。名古屋の米問屋。1684年(貞享1)冬、『野ざらし紀行』の旅途次の芭蕉(ばしょう)を名古屋に迎え、入門。そのおり、芭蕉を囲んで野水(やすい)、荷兮(かけい)、重五(じゅうご)、羽笠(うりつ)、正平(しょうへい)らと『冬の日』五歌仙(追加表六句)が成った。1685年空米(くうまい)売買の罪で名古屋を追放となり、三河(みかわ)国保美(ほび)(愛知県田原(たはら)市保美)に隠棲(いんせい)するが、1687年『笈(おい)の小文(こぶみ)』の旅途次の芭蕉は、わざわざその地を訪ね、吉野、高野(こうや)より須磨(すま)、明石(あかし)の旅にといざなっている。保美に没しているが、享年未詳。支考は「杜国は故翁の愛弟なるに、不幸短命の嘆あり」(本朝文鑑(ぶんかん))と記している。35、6歳か。
 つゝみかねて月とり落す霽(しぐれ)かな(冬の日)[復本一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

杜国の関連キーワード芭蕉(俳人)坪井杜国笈の小文越智越人双六打ち春の日野水渥美

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杜国の関連情報