コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪井杜国 ツボイトコク

5件 の用語解説(坪井杜国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぼい‐とこく〔つぼゐ‐〕【坪井杜国】

[?~1690]江戸前期の俳人。尾張の人。米穀商を営む。松尾芭蕉の弟子で、「笈(おい)の小文(こぶみ)」の旅に同行した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪井杜国 つぼい-とこく

?-1690 江戸時代前期の俳人。
尾張(おわり)名古屋の米穀商。松尾芭蕉(ばしょう)の弟子。貞享(じょうきょう)元年芭蕉をむかえて「冬の日」五歌仙を興行。翌年空米(くうまい)売買の罪で追放され,三河の保美(ほび)村にすむ。5年芭蕉にしたがい吉野,須磨,明石などをたずねた。元禄3年3月20日死去。通称は庄兵衛。別号に野人,野仁(のひと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坪井杜国

没年:元禄3.3.20(1690.4.28)
生年:生年不詳
江戸前期の俳人。名古屋の人。通称は庄兵衛。御園町の町代を務めた富裕な米穀商。貞享1(1684)年松尾芭蕉に入門するが,翌年空米売買の罪に問われ,名古屋を追放されて保美村(愛知県渥美町)に住んだ。『笈の小文』の旅では芭蕉と行動をともにしている。芭蕉との交情はこまやかで,ふたりの間には特別な関係があったという説もあった。その没後,彼のことを夢に見た芭蕉は「此ものを夢に見ること謂所念夢也」と記している。享年は三十余歳。<参考文献>大礒義雄「坪井杜国」(明治書院『俳句講座』2巻)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つぼいとこく【坪井杜国】

?~1690) 江戸前期の俳人。尾張の人。芭蕉の弟子。米穀商。のち空米売買の罪で追放される。芭蕉「笈の小文」の旅に同行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪井杜国
つぼいとこく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の坪井杜国の言及

【杜国】より

…江戸前期の俳人。姓は坪井,通称は庄兵衛。没したのは30歳余と推測される。名古屋御園町の富裕な米穀商で,町代を務めた。1685年(貞享2)空米(くうまい)売買の罪で御領分追放となり,三河の畠村に隠棲,のち保美村に移った。変名して南喜左衛門と称し,俳号も野仁(野人,の人)と改めた。前年の冬,名古屋連衆と巻いた《冬の日》五歌仙に示された杜国の豊かな詩才を,芭蕉はことに愛した。87年冬再度尾張を訪れた芭蕉は,杜国が三河に隠棲していることを知らされ,ただちに越人(えつじん)を伴って後戻りし,杜国を慰問した。…

※「坪井杜国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坪井杜国の関連キーワード浅井正村金森桂吾羅城尼坂好道半井和年小沢鎮盈池田宗旦杜国伊藤一清三輪素覧

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone