コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫箔 ヌイハク

デジタル大辞泉の解説

ぬい‐はく〔ぬひ‐〕【縫×箔】

刺繍(ししゅう)と摺箔(すりはく)を併用して布地に模様を表すこと。また、そのもの。
1模様を表出した能装束。主に女役着付けに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

縫箔【ぬいはく】

刺繍(ししゅう)と摺箔(すりはく)とを併用して文様を表したもの。摺の平板さを補うためにところどころ縫いを加えたのが,次第に縫いの部分が多くなったもので,桃山時代に流行し,華麗な小袖(こそで)や能衣装が作られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縫箔
ぬいはく

縫い(刺しゅう)と箔(摺箔(すりはく))を用いて裂地(きれじ)に模様加工をすること。室町末期から桃山時代を経て江戸前期に至る初期小袖(こそで)染織の時代においては、多彩な絵模様を表す手段として、盛んに用いられた。こうした技術を業とするのが縫箔屋であったが、後世では、単に刺しゅう屋のことも縫箔屋と称している場合がある。また、縫箔は、能の装束では模様が縫箔で加工されており、女の役柄が着付け、または腰巻にして用いる衣装の名称になっている。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

縫箔の関連キーワード腰巻き・腰巻捨て金・捨金菱川吉左衛門林原美術館菱川師宣脇田東川滝亭鯉丈山辺知行縫箔屋松皮菱茶屋者着付呉服友禅班女杢糸布地折鶴繡箔腰巻

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android