来信(読み)ライシン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※尺素往来(1439‐64)「心事併期来信候也。恐惶謹言」
※新聞雑誌‐二四号・明治四年(1871)一二月「外国来信に云」 〔皮日休‐奉和魯望謝恵巨魚之半詩〕
② 申し出ること。また、その内容。〔古詩‐為焦仲卿妻作〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android