コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全羅道 ぜんらどう Chŏlla‐do

1件 の用語解説(全羅道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんらどう【全羅道 Chŏlla‐do】

朝鮮半島南西端の地方。朝鮮八道の一つで,湖南地方とも呼ばれる。現在,韓国に属し,行政区域上は南北道と光州広域市に分かれ,人口は全羅北道(道庁所在地全州)200万9651,全羅南道(道庁所在地は光州)218万6808,光州市128万7134(いずれも1995)。
[自然]
 北東から南西方向へ走る盧嶺山脈と小白山脈を中心とする500mほどの丘陵性山地によって大部分覆われているが,北部には東西50km,南北80kmに達する朝鮮最大の湖南平野,また二つの山脈の間を流れる栄山江流域の羅州平野があり,韓国第一の穀倉地帯とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

全羅道の関連キーワード箕子朝鮮黄海支石墓朝鮮牛朝鮮半島白村江朝鮮鼬朝鮮烏朝鮮酒豊臣秀吉の朝鮮出兵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全羅道の関連情報