コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野氏 こうのうじ

4件 の用語解説(河野氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河野氏
こうのうじ

伊予国温泉郡河野に居住した越智氏の一族。源平合戦に源氏に属して通信が功をあげ,のち鎌倉幕府御家人となる。承久の乱には通信,通久父子が両方に分れて戦い,弘安の役には通有が武名をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

河野氏【こうのうじ】

中世の伊予国の豪族。伊予国河野郷(愛媛県松山市)を名字の地とする。源平(げんぺい)争乱で源氏方にくみして勢力を伸ばしたが,承久(じょうきゅう)の乱で一族が二分して争い,鎌倉方についた一族が命脈を保った。
→関連項目忽那氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうのうじ【河野氏】

中世の伊予国(愛媛県)の豪族。古代の越智(おち)氏の流れをくむと伝えられる。風早郡河野郷(現,北条市)を根拠地とする。源平合戦時に,通清・通信父子が源氏方にくみして勢力をのばし,戦後は御家人の地位を得て伊予国最大の武士団に成長した。その支配領域は,風早郡を中心にして中東予に及んだ。承久の乱(1221)では通信が京方に味方し,所領所職の大半を失ったが,その子通久が鎌倉方についたのでかろうじて命脈を保った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野氏
こうのうじ

伊予国(愛媛県)の名族。中世の守護。古く越智氏(おちうじ)と称して伊予国越智郡にあり、小市国造(おちくにのみやつこ)小致命(おちのみこと)を祖とした。子孫は越智郡司、雑任(ぞうにん)国司となり、しだいに武家集団化した。古代末期に風早郡(かざはやぐん)河野郷に移り、高縄山城(たかなわさんじょう)を築いて河野氏と称した。源平合戦には通清(みちきよ)が源氏に従って御家人(ごけにん)となり、屋島・壇ノ浦(だんのうら)の戦いでは子通信(みちのぶ)が水軍を率いて軍功をたて、中・東予地区の中小武士団を統率するに至った。承久の乱(じょうきゅうのらん)(1221)では通信・通久父子が京・鎌倉方に分かれたが、所領は通久の子孫に伝わる。時宗(じしゅう)の祖一遍(いっぺん)は通信の孫である。元寇(げんこう)では通久の孫通有が活躍した。足利尊氏(あしかがたかうじ)が後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の建武中興(けんむのちゅうこう)政府に反するや、河野通盛(みちもり)はこれに応じて温泉郡湯築城(ゆづきじょう)(松山市)を本拠とし守護職に補せられ、その子孫はこれを継承した(分家得能(とくのう)・土居両氏は南朝に属す)。応仁の乱(おうにんのらん)(1467~1477)以前から宗家と分流予州家との抗争が続き、家臣団の反抗、外からは毛利(もうり)、大友、長宗我部(ちょうそがべ)氏らの群雄の攻略があり、戦国大名に脱皮できなかった。1585年(天正13)豊臣秀吉(とよとみひでよし)の四国征伐にあい、所領没収のうえ滅亡した。[景浦 勉]
『景浦勉編『伊予史料集成3 河野家文書』(1967・伊予史料集成刊行会) ▽景浦勉編『河野家譜築山本』(1975・伊予史料集成刊行会) ▽景浦勉校訂『予陽河野家譜』(1980・歴史図書社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の河野氏の言及

【伊予国】より

…中でも弓削島荘では,国衙官人の非法に反対する住民たちの抵抗が見られた。また同じころ,河野氏新居氏などの武士団が形成された。両氏はともに越智氏の流れをくむと伝えているが,河野氏は風早郡を,新居氏は越智郡や新居郡を勢力範囲として互いに勢力を競った。…

【大山祇神社】より

…大山積神は《古事記》《日本書紀》では山の神とされているが,またの名を和多志(わたし)大神と称し百済から渡来したとの伝えもある(《伊予国風土記》逸文)。越智(おち)地方の旧族越智氏から出て伊予の国主となり,海上にも発展した河野氏の祭祀をうけたため海上守護神の性格も強い。766年(天平神護2)神階従四位下を授けられ神戸(かんべ)5戸をあてられ,875年(貞観17)正二位に累進。…

【瀬戸内海】より


[南北朝~室町期]
 元弘の乱(1331)で鎌倉幕府の瀬戸内海支配体制も瓦解した。この乱に際し伊予河野氏庶家の得能(とくのう)・土居両氏らは忽那(くつな)氏や大三島(おおみしま)の祝(はふり)氏らと結んで宮方の軍を起こし,来襲した長門探題北条時直を星ヶ岡(現,松山市)で破り,その没落を決定的にした。建武の新政府に背いた足利尊氏が西走ののち九州から海陸両道を攻め上った際には,(とも)(現,福山市)で合流した四国の細川・河野両氏をはじめ,瀬戸内の目ぼしい諸豪族はこれに加わった。…

【北条[市]】より

…《和名抄》記載の古代風早郡5郷(粟井,河野,高田,難波,那賀)はいずれも市域内に比定される。河野郷は伊予の名族で中世に水軍を擁して勢威をふるった河野氏の根拠地で,高縄山上の高縄城をはじめ各所に城砦跡が残る。南北朝初期,河野通盛の建立という善応寺や,高縄寺,高縄神社など河野氏ゆかりの社寺もある。…

※「河野氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河野氏の関連キーワード河野愛媛伊予蝋愛媛県伊予市市場愛媛県松山市越智愛媛県越智郡河野通尭河野通朝越智氏新居氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野氏の関連情報