コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杯細胞 さかずきさいぼうgoblet cell

4件 の用語解説(杯細胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杯細胞
さかずきさいぼう
goblet cell

粘液をつくり出して分泌する単細胞腺で,腺上皮,ことに腸管や呼吸器などの粘膜上皮に多い。細胞体の基部が細く,上端は大量の分泌顆粒のためにふくらんでいるので,杯の名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

杯細胞

 ムチンを分泌する粘液分泌細胞で,上部が分泌顆粒でふくらみ平たくなっており,下部に核などが圧縮された様子であることから命名されている.

杯細胞

 小腸にあって先端部に多量の粘液性の分泌顆粒をもち杯状にみえることから命名されている細胞.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかずきさいぼう【杯細胞 goblet cell】

杯状(はいじよう)細胞ともいう。管を形成する器官の上皮細胞のなかに混じって単独に存在する細胞で,粘液を分泌する。小腸にもかなりみられるが,とくに大腸に多い。また気管の上皮にもみられる。細胞は細長く,核は基底膜側に圧迫され扁平になっていることが多い。核上部から表面にかけては多数の粘液性の分泌顆粒がぎっしりつまってややふくらんでいて,ヘマトキシリン・エオジン染色では分泌顆粒が明るくぬけて見える。このように顆粒の密集する上部がつねに幅広くふくらんで明るく,下部が細い細胞の形が杯に似ているということから杯細胞と呼ばれるが,実際には杯よりも細長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の杯細胞の言及

【気管】より

…この粘膜の表面は繊毛をもつ多列上皮でできていて,繊毛はいつも運動していて,空気に混じって侵入したちりなどが肺に達しないように,上方すなわち呼吸道の出口のほうへ送り出すように働いている。また多列上皮の一部をなす粘液を出す杯細胞があり,その働きで上皮の表面がいつも潤されている。これも空気中のちりなどを除くのに大いに役だつのである。…

【結膜】より

…結膜実質は,瞼結膜では瞼板に密着し,円蓋部結膜では眼窩(がんか)中隔にゆるくつながり,球結膜ではテノン組織へとつながる。結膜上皮の浅層には杯細胞(さかずきさいぼう)があり,粘液を産生する。角膜は,この粘液,涙液および瞼板マイボーム腺からの油液の3者で潤され,透明性を保つ。…

【十二指腸】より

…この部分を腸陰窩(か)または腸腺,リーベルキューン腺Lieberkühn’s glandという。ここにはパネート細胞Paneth’s cellがみられ,そのほか粘液を分泌する杯(さかずき)細胞(杯細胞は腸陰窩以外の粘膜上皮層にも点在する)や,セクレチン,コレシストキニン(CCK),モチリン,ガストリンなどの消化管ホルモンを分泌する種々の内分泌細胞がある。粘膜固有層にはリンパ小節が多数存在し,免疫防御機能を果たしている。…

【痰】より

… 気道分泌液は一種の粘液であり,その構成成分はおもにムコタンパク質とムコ多糖類からなるムチンと呼ばれるものである。これらを産出する細胞は気管支腺と杯細胞の二つであるが,気管支腺がはるかに大きな役割をしており,その比率は40:1といわれる。気管支腺を顕微鏡で見ると,健康人では漿液産生細胞(径約35μm)と粘液産生細胞(径約50μm)とがほぼ同数であるが,慢性気管支炎などでは圧倒的に粘液産生細胞が多くなり,しかも大きさが増す。…

※「杯細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone