東ガーツ山脈(読み)ひがしがーつさんみゃく(英語表記)Eastern Ghats

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東ガーツ山脈
ひがしがーつさんみゃく
Eastern Ghats

インド半島東部を北東から南西に走る山脈。マハナージ川を北端とし、南はニルギリ丘陵で西ガーツ山脈と合する。全長1400キロメートル。西ガーツ山脈とは対照的に開析が進んでいるため、所々に高度500~700メートルの山塊が断続するにすぎない。ゴダバリ、クリシュナなどの川が広い谷をつくって横断し、山脈の東側には大きな沖積平野が広がっている。北部で鉄鉱石、ボーキサイトを産する。

[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ひがしガーツ‐さんみゃく【東ガーツ山脈】

Eastern Ghats》インド半島東部を走る山脈。北東から南西にむかって約1400キロメートルにわたって延びる。西ガーツ山脈に発するクリシュナ川ゴダバリ川などが東進し、標高数百メートルの山塊に分け、ベンガル湾に沿って海岸平野が広がる。北部鉄鉱石ボーキサイト鉱山がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android