コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ベルリン暴動 ひがしベルリンぼうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東ベルリン暴動
ひがしベルリンぼうどう

1953年6月 16日東ベルリンの建築労働者のノルマ引上げ反対ストライキをきっかけとして起り,約1週間東ドイツ各地に波及した反政府暴動。長年にわたる大衆の不満が I.スターリンの死を機会に爆発したもので,スターリンの死後最初の大規模な反ソ暴動となった。ソ連軍は当初事態を静観したが,暴動が拡大するに及んで介入,一挙に鎮圧した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東ベルリン暴動の関連キーワードソ連崩壊と東欧の歴史的変革

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android