コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京外環自動車道 とうきょうがいかんじどうしゃどう

2件 の用語解説(東京外環自動車道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京外環自動車道
とうきょうがいかんじどうしゃどう

東京都心から 15km圏を結ぶ環状高速道路。全体計画延長は,東京都大田区から千葉県市川市までの約 85km。2012年現在,東京都練馬区大泉から埼玉県三郷市までの 33.7kmが供用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京外環自動車道
とうきょうがいかんじどうしゃどう

東京都の区部の外側に、都心から半径約15キロメートルの環状線として計画されている延長約85キロメートルの幹線道路。東京外かく環状道路ともいう。外環、外環道などと略称される。
 このうち、東京都練馬(ねりま)区―埼玉県三郷(みさと)市間(練馬区―埼玉県川口(かわぐち)市間は東北自動車道の一部、川口市―三郷市間は常磐(じょうばん)自動車道の一部、三郷市内は東関東自動車道の一部)34キロメートルが開通している(開通部分の管理は東日本高速道路)。練馬区―埼玉県和光(わこう)市間は6車線、ほかは4車線。2015年(平成27)3月時点で、三郷市域および千葉県松戸市―市川市間および練馬区―東名ジャンクション間が建設中である。和光市―市川市間に併設する一般道路は国道298号となっており、和光市―松戸市間32キロメートルが開通している。この道路は、首都圏の3環状道路の一つで、東京都市圏の都心方向に集中する交通を適切に分散、導入し、東京の都市構造の再編成を促進する役割を担っている。[下保 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京外環自動車道の関連キーワードレインボーブリッジ環状七号線環状八号線東京外郭環状道路横浜環状南線高速道路料金の値下げ東京外郭環状道路(外環道)日本高速道路インターナショナル首都圏中央連絡自動車道(圏央道)東京五輪に向けた都心開発

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京外環自動車道の関連情報