コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三郷 みさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三郷
みさと

長野県西部,安曇野市南部の旧村域。松本盆地の西縁にある。 1954年温村,小倉村,明盛村が合体して三郷村が成立。 2005年豊科町,穂高町,堀金村,明科町の3町1村と合体して安曇野市となった。安曇野の南部,梓川下流の扇状地上にあり,米作が行なわれ,生産力も高い。西部の黒沢山の山麓は昭和初期まで桑園が多かったが,リンゴなどの果樹園と水田に転換した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんごう【三郷】

奈良県北西部、生駒郡の町。竜田川の下流域を占め、竜田大社・八幡神社がある。信貴山への登山口。

みさと【三郷】

埼玉県南東部の市。近世、早場米の産地。近年、住宅地化が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三郷
みさと

長野県西部、南安曇(みなみあずみ)郡にあった旧村名(三郷村(むら))。現在は安曇野(あづみの)市の南部を占める。旧三郷村は1954年(昭和29)温(ゆたか)、明盛(めいせい)、小倉(おぐら)の3村が合併して成立。2005年(平成17)同郡豊科(とよしな)町、穂高(ほたか)町、堀金(ほりがね)村、東筑摩(ひがしちくま)郡明科(あかしな)町と合併して市制施行、安曇野市となった。旧村域は松本盆地の西縁に位置し、JR大糸線が通じる。温、明盛地区は梓(あずさ)川の扇状地にあり、用水路の開削により県下の米作の核心地をなしている。小倉地区は伏流水の黒沢川扇状地にあり、開拓は明治以後で畑地が多く、かつては桑園であったが、現在はリンゴ、モモなどを栽培する。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三郷の関連キーワード埼玉県三郷市新三郷ららシティ山梨県西八代郡市川三郷町岩間埼玉県三郷市田中新田埼玉県三郷市采女新田埼玉県三郷市上彦川戸埼玉県三郷市下彦川戸埼玉県三郷市さつき平埼玉県三郷市早稲田埼玉県三郷市大広戸埼玉県三郷市上彦名埼玉県三郷市彦川戸埼玉県三郷市花和田埼玉県三郷市戸ヶ崎埼玉県三郷市岩野木埼玉県三郷市小谷堀埼玉県三郷市南蓮沼埼玉県三郷市茂田井埼玉県三郷市彦成埼玉県三郷市鷹野埼玉県三郷市駒形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三郷の関連情報