コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京芸術大学大学美術館 とうきょうげいじゅつだいがくだいがくびじゅつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京芸術大学大学美術館
とうきょうげいじゅつだいがくだいがくびじゅつかん

東京都台東区にある東京芸術大学の付属美術館。1885年文部省に図画取調掛が置かれ,アーネスト・フランシスコ・フェノロサ狩野芳崖岡倉天心らが,東京美術学校設立の準備として参考資料の収集に着手。1887年の東京美術学校開校後も収集が続けられてきたが,1970年音楽資料を加えて東京芸術大学芸術資料館として独立した。岡田信一郎設計の陳列館 (1929建造) ,金沢庸治設計の正木記念館 (1935建造) ,付属図書館内のギャラリー,平櫛田中記念室からなる。1994年,別館として茨城県取手市に取手館を設置。1998年,組織を拡充して現名称となった。国宝の『絵因果経』『観世音寺資財帳』のほか,『菩薩立像』,狩野芳崖『悲母観音』,高橋由一『鮭』,浅井忠『収穫』などの国指定重要文化財あわせて 22点,東京美術学校以来の卒業制作品,歴代教官の作品など,古今東西にわたる参考資料約 4万4400点を所蔵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東京芸術大学大学美術館の関連キーワード伊藤若冲(じゃくちゅう)ブーム若杉五十八曾我蕭白海野勝珉川端玉章狩野常信竹内久一西村五雲

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京芸術大学大学美術館の関連情報