コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村瑞軒 カワムラズイケン

2件 の用語解説(河村瑞軒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわむら‐ずいけん〔かはむら‐〕【河村瑞軒】

[1618~1699]江戸前期の商人。伊勢の人。瑞賢とも書く。江戸に出て材木商となり、明暦の大火で巨利を得た。のち、東廻り航路西廻り航路を開発。安治川などの治水工事にも業績を残した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわむらずいけん【河村瑞軒】

1617~1699) 江戸前期の商人。瑞賢とも。伊勢の人。江戸の明暦の大火(1657年)の時、木曽の木材を買い占め巨利を得る。幕命によって奥羽米の江戸廻米のため東西両廻り航路を開く。また、安治川を開削、淀川治水事業に尽くした。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

河村瑞軒の関連キーワード一如上人中島川井関玄説河村瑞賢河村瑞賢大関風越山傾城仏の原西明寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone