コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東明流 とうめいりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東明流
とうめいりゅう

三味線声曲の流派名。1世平岡吟舟創始したもので,1910年頃より東明節と称した。吟舟の広い邦楽遍歴のなかから生れ,上品で落ち着いた感覚を特徴とする。『大磯八景』などが代表作。 28年流名を東明流と改めたが,流勢は次第に衰えた。2世東明柳舟 (1916~89) 没後,分裂状態にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうめい‐りゅう〔‐リウ〕【東明流】

三味線音楽の流派の一。明治後期、平岡吟舟が当時の三味線音楽諸流の粋を集めて創始。初め東明節と称したが、昭和5年(1930)改称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東明流【とうめいりゅう】

三味線音楽の流派名。明治時代後期に実業家平岡吟舟〔1856-1934〕によって創始された三味線声曲。謡曲長唄一中節河東節宮薗節清元節などを集成した新しい歌曲で,東明節と称したが,のちに東明流と改められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうめいりゅう【東明流】

三味線音楽の流派の一。江戸時代の三味線音曲の粋を集めて平岡吟舟が創始。明治後期に吟舟が「七福神」を作曲して東明節と名付けたのに始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東明流
とうめいりゅう

三味線音楽の一種目。日本の鉄道工業の先覚者平岡煕(ひろし)(1856―1934)が創始。日本音楽の各種目に通じていた平岡は、それぞれの長所を集めた高尚で優美な曲をつくり、吟舟(ぎんしゅう)の名で発表した。当初は「平岡節」とよばれたが、吟舟は1910年(明治43)ごろ「東明節」、さらに14年(大正3)ごろ「東明流」と名づけた。吟舟を慕う5世清元延寿太夫(きよもとえんじゅだゆう)、同栄寿郎(えいじゅろう)、稀音家浄観(きねやじょうかん)、高橋栄清(えいせい)らは、吟舟が考案した高度な技術を巧みに生かし、日本音楽の近代化に大きく貢献した。吟舟の次女揚子(ようこ)(1882―1949)は東明柳舟(りゅうしゅう)の名で父の遺志を継ぎ、夫の箒庵(そうあん)こと高橋義雄(1861―1937)の協力を得て、三味線音楽の新分野開拓を図った。その教えを受けたのが、5世岡安(おかやす)喜三郎や4世清元梅吉らである。60年(昭和35)に若舟(じゃくしゅう)(1916―89)が2世柳舟を襲名。代表曲は『妹背(いもせ)の鹿笛』『大磯(おおいそ)八景』『花の心』『富士見園女(そのめ)』など。[倉田喜弘]
『高橋義雄著『平岡吟舟翁と東明曲』(1934・秋豊園)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東明流の言及

【東明節】より

…その新曲を世間では平岡節といったが,吟舟を名のった彼は1902年ころから東明節と称した。当時の一流芸能人がこれを学んだので流行,28年ころからは東明流と改めた。代表作品に《大磯八景》《向島八景》(ともに1902)がある。…

【平岡吟舟】より

…こうしたことから晩年は芸能に力を入れ,1902年伝統的な三味線音楽の長所をとった新歌曲を作詞,作曲し,東明節を創始した。28年ころからは東明流と改称。代表作に《大磯八景》《向島八景》《都鳥》《東明獅子》などがある。…

※「東明流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東明流の関連キーワード東明 柳舟(2代目)東明 柳舟(1代目)高橋 栄清(2代目)東明 柳舟(初代)常磐津 明石太夫根岸 登喜子三味線音楽平岡 吟舟平岡 精二江戸時代七福神三味線大和楽小唄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android