コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条琴台 とうじょう きんだい

3件 の用語解説(東条琴台の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東条琴台

幕末・明治の儒者・考証学者。江戸生。名は信耕、字は子蔵・義蔵、別号に呑海がある。伊東監田・亀田鵬斎等に学ぶ。越後高田藩修道館教授をつとめ、維新後は亀戸神社祠官となり、さらに教部省に出仕した。明治11年(1878)歿、83才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条琴台 とうじょう-きんだい

1795-1878 江戸時代後期の儒者,考証学者。
寛政7年6月7日生まれ。初代花笠文京の弟。実践女子学園創始者・下田歌子の祖父。亀田鵬斎(かめだ-ほうさい),大田錦城(きんじょう)らにまなぶ。越後(えちご)高田藩の江戸藩邸でおしえる。嘉永(かえい)3年その著「伊豆(いず)七島図考」で幕府の譴責(けんせき)をうけた。明治11年9月26日死去。84歳。名は信耕,耕。字(あざな)は子臧。通称は文左衛門。別号に呑海翁。著作はほかに「先哲叢談後篇」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

東条琴台

没年:明治11.9.26(1878)
生年:寛政7.6.7(1795.7.22)
江戸後期から明治初期の儒家,雑学者。江戸の医師東条黙斎庸貞の3男として芝宇田川町(東京都港区)に生まれる。次兄魯介は合巻,狂言作者花笠文京。琴台は名を信耕または耕といい,字子臧,無得斎,掃葉山房と号した。父に勧められ,大田錦城を始め山本北山の門下に師事。文化14(1817)年,錦城の高弟,美濃岩村藩士平尾他山の婿となって仕官。だが,2年経たずに妻と2歳の男児と全蔵書を残し,江戸市中へ失踪。文政7(1824)年林家入門。8年,江戸期儒者の伝記集成『先哲叢談』後編の執筆を慶元堂和泉屋庄次郎に頼まれ,着手。天保3(1832)年盛大な書画会開催で市中を賑わせた廉で林家除門。『先哲叢談』後編出版(1830)以後,名声いよいよ高く,天保期江戸雅文壇をしたたかな流行感覚で彩った。畑銀鶏や寺門静軒はその盟友。地誌海防論『伊豆七島図考』(1848)が発禁処分になり,先に仕官した越後高田藩へ謫居。在越18年,維新後,鎮将府に上京を命ぜられ,宣教少博士となった。『先哲叢談』後・続編の他に詩作書などの雑著も多く,手紙や稿本も残る。「掃葉山房蔵書」捺印の旧蔵書も多種みかける。<参考文献>ロバート・キャンベル東条琴台伝記資料攷」上下(実践女子大学文芸資料研究所『年報』7巻10号)

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone