コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋毛様線虫 とうようもうようせんちゅう Trichostrongylus orientalis

4件 の用語解説(東洋毛様線虫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋毛様線虫
とうようもうようせんちゅう
Trichostrongylus orientalis

袋形動物門線虫綱円虫目毛様線虫科。体長は雄4~6mm,雌5~7mm。おもにヒトの小腸に寄生する線虫で,形態,生活史などが鉤虫に似ている。日本,韓国,中国などに分布する。虫卵は糞便とともに排出され,外界で孵化して第1期幼虫となり,さらに発育脱皮して第2期幼虫になり,その中に第3期幼虫が発育してくると,今度は脱皮せずに感染幼虫となり,経口的に感染する機会を待つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

東洋毛様線虫

 草食動物などに寄生する寄生虫

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうようもうようせんちゅう【東洋毛様線虫】

袋形動物線虫綱に属する微小な線虫。体は毛状で、体長6ミリメートル 内外。成虫は人間の十二指腸・小腸の粘膜に寄生し、貧血・消化障害を起こすが、病害はあまり顕著でない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋毛様線虫
とうようもうようせんちゅう
[学]Trichostrongylus orientalis

線形動物門双腺(そうせん)綱円虫目に属する小形の寄生虫。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東洋毛様線虫の関連キーワード鉤虫袋形動物鞭虫線形動物線虫毛様線虫線虫感染毛様線虫症円虫オンコセルカ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone