コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋毛様線虫 とうようもうようせんちゅうTrichostrongylus orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋毛様線虫
とうようもうようせんちゅう
Trichostrongylus orientalis

袋形動物門線虫綱円虫目毛様線虫科。体長は雄4~6mm,雌5~7mm。おもにヒトの小腸に寄生する線虫で,形態,生活史などが鉤虫に似ている。日本,韓国,中国などに分布する。虫卵は糞便とともに排出され,外界で孵化して第1期幼虫となり,さらに発育脱皮して第2期幼虫になり,その中に第3期幼虫が発育してくると,今度は脱皮せずに感染幼虫となり,経口的に感染する機会を待つ。本種が多数寄生すると腹痛,下痢などを引起す。駆虫には,四塩化エチレン,オーミン,アルコバールなどが用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうようもうようせんちゅう【東洋毛様線虫】

袋形動物線虫綱に属する微小な線虫。体は毛状で、体長6ミリメートル 内外。成虫は人間の十二指腸・小腸の粘膜に寄生し、貧血・消化障害を起こすが、病害はあまり顕著でない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋毛様線虫
とうようもうようせんちゅう
[学]Trichostrongylus orientalis

線形動物門双腺(そうせん)綱円虫目に属する小形の寄生虫。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例