コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛様線虫 モウヨウセンチュウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛様線虫
もうようせんちゅう
trichostrongylid

線形動物門双腺(そうせん)綱円虫目毛様線虫科に属する比較的小形の細い寄生線虫の総称。ヒトに寄生する東洋毛様線虫のほか、ヒツジ、ヤギ、ウシなどの小腸に寄生する蛇状(へびじょう)毛様線虫Trichostrongylus colubriformisや細頸(ほそくび)毛様線虫Nematodirus filicollis、同じく第四胃に寄生する捻転(ねんてん)胃虫Haemonchus contortusやオステルターグ胃虫Ostertagia ostertagiなど多数の種類があり、哺乳(ほにゅう)類や鳥類の消化管に寄生している。多数寄生すれば重い症状をおこすものもある。
 東洋毛様線虫Trichostrongylus orientalisはヒトの小腸上部に寄生し、毛状で雄の体長4~6ミリメートル、雌5~7ミリメートル。発育環は鉤虫(こうちゅう)のそれと似ており、卵は糞便(ふんべん)とともに排出され、外界で孵化(ふか)した幼虫は一定の発育ののち感染型幼虫となり、主として経口的にヒトに感染する。多数寄生すれば腹痛、下痢、全身倦怠(けんたい)などをおこす。日本(東北、北陸地方から報告された)、中国、朝鮮半島、台湾などに分布する。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

毛様線虫の関連キーワード毛様線虫症腸内寄生虫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android