コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛様線虫 モウヨウセンチュウ

2件 の用語解説(毛様線虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もうよう‐せんちゅう〔モウヤウ‐〕【毛様線虫】

毛様線虫科の線虫の総称。人間の小腸に寄生する東洋毛様線虫は体長4~8ミリほどで、孵化(ふか)した幼虫を経口摂取して感染する。多数寄生では腹痛・下痢・貧血などの症状を呈する。羊・牛や鳥に寄生するものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛様線虫
もうようせんちゅう
trichostrongylid

線形動物門双腺(そうせん)綱円虫目毛様線虫科に属する比較的小形の細い寄生線虫の総称。ヒトに寄生する東洋毛様線虫のほか、ヒツジ、ヤギ、ウシなどの小腸に寄生する蛇状(へびじょう)毛様線虫Trichostrongylus colubriformisや細頸(ほそくび)毛様線虫Nematodirus filicollis、同じく第四胃に寄生する捻転(ねんてん)胃虫Haemonchus contortusやオステルターグ胃虫Ostertagia ostertagiなど多数の種類があり、哺乳(ほにゅう)類や鳥類の消化管に寄生している。多数寄生すれば重い症状をおこすものもある。
 東洋毛様線虫Trichostrongylus orientalisはヒトの小腸上部に寄生し、毛状で雄の体長4~6ミリメートル、雌5~7ミリメートル。発育環は鉤虫(こうちゅう)のそれと似ており、卵は糞便(ふんべん)とともに排出され、外界で孵化(ふか)した幼虫は一定の発育ののち感染型幼虫となり、主として経口的にヒトに感染する。多数寄生すれば腹痛、下痢、全身倦怠(けんたい)などをおこす。日本(東北、北陸地方から報告された)、中国、朝鮮半島、台湾などに分布する。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛様線虫の関連キーワード回虫鉤虫旋毛虫東洋毛様線虫鞭虫糸状虫ズビニ鉤虫線虫線虫感染毛様線虫症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone