東海興業[株](読み)とうかいこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

東海興業[株]【とうかいこうぎょう】

戦後初めて上場ゼネコンとして倒産した。1946年内田信也(明治海運の創業者)が東海興業を設立。同年,元満州鴻池組常務・中西小一が事業を継承し,積極展開。冷蔵倉庫の技術力にすぐれ,食品・水産業界に強かったが,不動産不況で急激に業績が悪化。銀行支援の下で再建を試みていたが,メインバンクの北海道拓殖銀行が経営悪化のため東海興業の経営支援を断念し,1997年7月に倒産。〈ゼネコンは倒産させない〉という神話が崩れ,これ以後中堅ゼネコンが相次いで倒産した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android