コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道拓殖銀行 ほっかいどうたくしょくぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道拓殖銀行
ほっかいどうたくしょくぎんこう

都市銀行。北海道開拓のため制定された北海道拓殖銀行法に基づいて 1900年に設立。最初は農地や宅地を担保に長期資金を貸付ける不動産融資業務を主としていた。 05年第1回拓殖債券を発行,16年には一般他銀行の代理業務および信託業務の営業が認められ,第2次世界大戦終了時までに北海道内の銀行を次々と合併し急成長を続けた。 50年北海道拓殖銀行法が廃止されて普通銀行となり,55年には都市銀行となった。 97年,経営不振のため破綻をきたし,98年に北海道地区は第2地方銀行の北洋銀行,本州地区は中央信託銀行 (現中央三井信託銀行) に営業権を譲渡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道拓殖銀行
ほっかいどうたくしょくぎんこう

北海道開発を目的とした特殊銀行として1900年(明治33)北海道拓殖銀行法に基づき設立。拓殖債券の発行による資金を、農地などを担保に長期開発資金として貸し出すという不動産金融が主要な業務であった。1950年(昭和25)普通銀行に転換したのち、債券の発行を停止し、1955年都市銀行に加入した。その成り立ちから、北海道を中心的な営業基盤とし、北海道の発展に貢献してきたが、その後、本州における支店網の整備にも力を注いだ。1990年代前半のバブル期に不動産開発会社に巨額の融資を行ったが、バブルの崩壊に伴い、その大半が不良債権となった。そのため経営不振に陥り、1997年(平成9)11月経営が破綻(はたん)、1998年11月北海道内は北洋銀行に、本州は中央信託銀行(2000年合併により中央三井信託銀行となる)に、それぞれ営業を譲渡し、営業活動を停止、解散した。[外山茂樹]
『北海道拓殖銀行編・刊『北海道拓殖銀行史』(1971)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北海道拓殖銀行の関連キーワード小林多喜二(1903~33)ホテル・ヴィブラント・オタル都道府県の指定金融機関日本長期信用銀行[株]北海道拓殖銀行[株]普通銀行・特殊銀行ジャパンプレミアム日本長期信用銀行金融早期健全化法加藤 敬三郎児玉 亮太郎小坂 善之助田中 源太郎小林 多喜二松本 恒之助小渕恵三内閣債券発行銀行広瀬 経一不動産銀行三井 徳宝

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道拓殖銀行の関連情報