コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東西文化論争 とうざいぶんかろんそうDōng xī wén huà lùn zhēng

世界大百科事典 第2版の解説

とうざいぶんかろんそう【東西文化論争 Dōng xī wén huà lùn zhēng】

1920‐22年,中国でみられた反西洋主義の主張。1915年以来,五・四新文化運動では〈民主と科学〉を標語として西洋の科学主義と物質文明を積極的に導入しようという動きがおこった。それに対して,第1次大戦の傷跡の大きさを目撃,ヨーロッパでも〈西洋の没落〉が論じられだしたことをうけて,西洋文化の物質偏重を排し東洋の精神文化を見直そうという声が,胡適らの〈全面的西洋化〉論に反発する伝統主義者のなかからあがった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東西文化論争の関連キーワード大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android