東西文化論争(読み)とうざいぶんかろんそう(英語表記)Dōng xī wén huà lùn zhēng

世界大百科事典 第2版「東西文化論争」の解説

とうざいぶんかろんそう【東西文化論争 Dōng xī wén huà lùn zhēng】

1920‐22年,中国でみられた反西洋主義の主張。1915年以来,五・四新文化運動では〈民主科学〉を標語として西洋の科学主義物質文明を積極的に導入しようという動きがおこった。それに対して,第1次大戦の傷跡の大きさを目撃ヨーロッパでも〈西洋の没落〉がじられだしたことをうけて,西洋文化の物質偏重を排し東洋の精神文化を見直そうという声が,胡適らの〈全面的西洋化〉論に反発する伝統主義者のなかからあがった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android