東道の主人(読み)とうどうのしゅじん

故事成語を知る辞典「東道の主人」の解説

東道の主人

来客の世話係や案内人を指すことば。

[使用例] 僕は東道の主人となって新五に東京を紹介し[徳冨蘆花*思出の記|1900~01]

[由来] 「春秋左氏伝こう三〇年」に出て来るエピソードから。紀元前七世紀、春秋時代の中国で、ていという小国が、西の方から攻めてきたしんという大国に包囲されたときのこと。鄭の家臣が秦の君主と会い、鄭を滅ぼすよりも、「東道の主(東方に行くときの世話係)」にしておいたほうが得策でしょうと説得したので、秦軍は引き揚げたとのことです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「東道の主人」の解説

とうどう【東道】 の=主人(しゅじん)[=主(しゅ)

(東方の道筋主人の意から) 主人となって、客の世話や案内をすること。また、その人。東道。
※空華集(1359‐68頃)七・用韻送已知客辞母之関東「東道主人如会面。定応双眼為君青」 〔紅楼夢‐第三七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android