コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東邦亜鉛 とうほうあえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東邦亜鉛
とうほうあえん

大手非鉄金属メーカー。 1937年日本亜鉛製錬として設立,41年現社名に変更。同年日本亜鉛を合併,49年東邦非鉄圧延を合併。亜鉛,鉛,銅の製錬を主体とし,特に電気亜鉛では業界の大手。 68年群馬県の安中製錬所でカドミウム公害問題を起して操業を一時停止したが,経営刷新などで転換をはかり業績向上を目指している。電子部品およびリサイクルの分野に力を入れ,成果を上げつつある。 99年カナダ,スペインなどで新規鉱山が稼動した。売上構成比は,亜鉛 41%,鉛 10%,硫酸4%,電子部品9%,酸化亜鉛4%,銀6%,その他 26%。年間売上高 577億 1300万円 (連結。うち輸出1%) ,資本金 102億 3600万円,従業員数 1020名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東邦亜鉛

正式社名「東邦亜鉛株式会社」。英文社名「Toho Zinc Co., Ltd.」。非鉄金属工業。昭和12年(1937)「日本亜鉛製錬株式会社」設立。同16年(1941)現在の社名に変更。本社は東京都中央区日本橋本町。亜鉛・鉛の製錬加工会社。ノイズフィルターなどの電子部品も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード5707。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

東邦亜鉛の関連キーワード長崎県対馬市厳原町樫根東邦シートフレーム厳原(いづはら)相川 道之助大塚 紋蔵安中(市)安中[市]藤巻 卓次藤巻卓次大崎上島大塚紋蔵契島鉱毒

東邦亜鉛の関連情報