コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(初代) きねや しょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋正次郎(初代) きねや-しょうじろう

?-1803 江戸時代中期-後期の長唄三味線方。
2代杵屋六三郎の門弟。江戸浅草奥山で独楽(こま)回しの三味線をひいていたのをみいだされたという。安永4年立三味線。享和3年11月3日死去。作品に「木賊刈(とくさかり)」「羽根の禿(かむろ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杵屋正次郎(初代)

没年:享和3.11.3(1803.12.16)
生年:生年不詳
江戸中期,長唄の三味線方。江戸浅草奥山で独楽回しの伴奏に三味線を弾いていたのを見いだされ,2代目杵屋六三郎の門に入ったという。安永~寛政(1772~1801)ごろを代表する三味線弾きで,作曲も「仲蔵狂乱」「高砂丹前」など数多く伝えられる。<参考文献>町田嘉章『杵屋正次郎の代々』

(長葉子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

杵屋正次郎(初代)の関連キーワード杵屋 正次郎(4代目)松島 庄五郎(3代目)杵屋弥十郎(2世)杵屋正次郎(2世)芳村伊三郎(1世)杵屋作十郎(2代)杵屋正次郎(6代)松島庄五郎(3代)杵屋正次郎(3代)杵屋六三郎(4代)芳村伊三郎(5世)杵屋弥十郎(2代)杵屋正次郎(4世)杵屋正次郎(4代)杵屋六三郎(4世)木賊刈・木賊苅舌出し三番元禄花見踊舌出三番叟杵屋勝三郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android