コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(初代) きねや しょうじろう

2件 の用語解説(杵屋正次郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋正次郎(初代) きねや-しょうじろう

?-1803 江戸時代中期-後期の長唄三味線方。
2代杵屋六三郎の門弟。江戸浅草奥山で独楽(こま)回しの三味線をひいていたのをみいだされたという。安永4年立三味線。享和3年11月3日死去。作品に「木賊刈(とくさかり)」「羽根の禿(かむろ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杵屋正次郎(初代)

没年:享和3.11.3(1803.12.16)
生年:生年不詳
江戸中期,長唄の三味線方。江戸浅草奥山で独楽回しの伴奏に三味線を弾いていたのを見いだされ,2代目杵屋六三郎の門に入ったという。安永~寛政(1772~1801)ごろを代表する三味線弾きで,作曲も「仲蔵狂乱」「高砂丹前」など数多く伝えられる。<参考文献>町田嘉章『杵屋正次郎の代々』

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杵屋正次郎(初代)の関連キーワード脇三味線江戸半四郎杵屋勘右衛門杵屋佐吉(初代)鶴谷藤八天下一平左衛門錦屋惣次(2代)三保崎兵助宮崎忠五郎(初代)山彦河良(初代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone