コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(初代) きねや しょうじろう

2件 の用語解説(杵屋正次郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋正次郎(初代) きねや-しょうじろう

?-1803 江戸時代中期-後期の長唄三味線方。
2代杵屋六三郎の門弟。江戸浅草奥山で独楽(こま)回しの三味線をひいていたのをみいだされたという。安永4年立三味線。享和3年11月3日死去。作品に「木賊刈(とくさかり)」「羽根の禿(かむろ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杵屋正次郎(初代)

没年:享和3.11.3(1803.12.16)
生年:生年不詳
江戸中期,長唄の三味線方。江戸浅草奥山で独楽回しの伴奏に三味線を弾いていたのを見いだされ,2代目杵屋六三郎の門に入ったという。安永~寛政(1772~1801)ごろを代表する三味線弾きで,作曲も「仲蔵狂乱」「高砂丹前」など数多く伝えられる。<参考文献>町田嘉章『杵屋正次郎の代々』

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

杵屋正次郎(初代)の関連キーワード若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗ハイアールアジアインターナショナル伊藤圭介梶常吉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone