コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュツラフ ギュツラフ Gützlaff, Karl Friedrich August

6件 の用語解説(ギュツラフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギュツラフ
ギュツラフ
Gützlaff, Karl Friedrich August

[生]1803.7.8.
[没]1851.8.9. ホンコン
ドイツプロテスタント宣教師。オランダ伝道協会からジャワに派遣され (1826) ,シンガポールを経てシャムへ行き,伝道のかたわら新約聖書シャム語訳に従事。マカオで漂流日本人水夫から日本語を学び日本伝道を志してモリソン号で来日したが上陸できず (37) ,最初の日本語訳『約翰福音之伝』 (ヨハネ福音書) ,『約翰書翰』 (ヨハネ書) をシンガポールで刊行した (39~40頃) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギュツラフ(Karl Friedrich August Gützlaff)

[1803~1851]ドイツの宣教師。東洋布教に従事。漂流日本人漁師に日本語を学び、渡日を企てて失敗。1837年、シンガポールで最古の邦訳聖書「約翰(ヨハネ)福音之伝」を出版。漢名は郭実猟。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ギュツラフ Gützlaff, Karl Friedrich August

1803-1851 ドイツの宣教師。
1803年7月8日生まれ。ロンドン宣教会。マカオで漂流民岩松らから日本語をならう。1837年(天保(てんぽう)8)最初の日本語訳聖書「約翰(ヨハネ)福音之伝」などをシンガポールで出版。同年アメリカモリソン号の通訳となり神奈川沖,鹿児島湾に来航したが,外国船打ち払いで砲撃されて退去。1851年8月9日死去。48歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ギュツラフ

没年:1851.8.9(1851.8.9)
生年:1803.7.8
19世紀半ばの最初の聖書和訳者,宣教師。プロシアに生まれ,ベルリンで伝道教育を受け,オランダ伝道会より1823年にバタヴィアに派遣されるが,ロンドン宣教会に転じ,シャムなどで伝道ののち,マカオを拠点とする。1833年朝鮮,台湾,琉球を訪ね,日本開教の志を抱き,マカオに送られていた尾張漂流民の岩松らの協力を得て,1837年最初の邦訳聖書『約翰福音之伝』,次いで『約翰上中下書』をシンガポールで出版した。同年,岩松らとモリソン号に同乗し日本を訪ねようとしたが,神奈川沖,鹿児島で砲撃を受け引き返した。アヘン戦争で通訳として活躍,その後香港政庁商務官となる。語学に秀でた当代随一の東アジア通。だが,英国の軍事力を背景に,多くの中国人を雇い,聖書などを配布する性急で荒い伝道方式は欧米で批判の対象ともなる。2番目の妻メリーの塾はモリソン学校の源流。その甥H.S.パークスは英駐日全権公使。<参考文献>都田恒太郎『ギュツラフとその周辺』

(小檜山ルイ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギュツラフ【Karl Friedrich August Gützlaff】

1803‐51
ドイツ,プロイセン生れの宣教師,東洋学者,最初の聖書邦訳者。漢名,郭実猟。オランダ伝道協会からバタビアに派遣され,のちにシンガポール,タイさらにマカオへ移る。1835年R.モリソンの跡をついでイギリス商務省監督官,通訳となる。37年(天保8)モリソン号の通訳として浦賀に来航,日本との通交をはかったが拒まれてマカオに帰着。漂流民から習得した日本語により,同年邦訳の《約翰(ヨハネ)福音之伝》《約翰上中下書》をシンガポールで刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギュツラフ【Karl Friedrich August Gützlaff】

1803~1851) プロイセン生まれの宣教師。最初の聖書邦訳者。モリソン号で来航するが果たせず、マカオで漂流民から日本語を学び、片仮名文の「約翰ヨハネ福音之伝」「約翰上中下書」を1837年シンガポールで刊行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギュツラフの関連キーワードゴーブルズウォレベッテルハイム紅摺絵初子ベンチャロンカレル広場聖霊大聖堂アドネエンソル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギュツラフの関連情報