コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山基範 まつやま もとのり

2件 の用語解説(松山基範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山基範 まつやま-もとのり

1884-1958 明治-昭和時代の地球物理学者。
明治17年10月25日生まれ。大正11年京都帝大教授。昭和4年岩石の残留磁気の研究から,地球磁場の逆転を示唆した。7年学士院賞。24年山口大学長。昭和33年1月27日死去。73歳。大分県出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松山基範
まつやまもとのり
(1884―1958)

地球物理学者。大阪府の出身。1910年(明治43)京都帝国大学理工学部物理学科を卒業し、同大学院で地球物理学を学ぶ。1916年(大正5)京都帝国大学助教授となり、1919年より1921年まで欧米へ留学。1922年教授。1929年(昭和4)には岩石磁気の研究から地質時代に地球の磁気の逆転があったことを提唱。1934~1936年にかけては潜水艦に器械を積み込み重力測定を実施し、日本海溝近傍に重力の負の異常の存在することを発見、日本列島の地学的解明に大きく貢献した。第二次世界大戦後、1949年(昭和24)には山口大学長、1950年には日本学士院会員となる。著書に『今始庵(こんしあん)だより』(1954)という随筆集がある。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山基範の関連キーワード三宅泰雄木内キヤウ木南正宣桑島主計菅原健鈴木たま俵田明長谷川万吉宮部直巳毛利教武

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松山基範の関連情報