コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山基範 まつやま もとのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山基範 まつやま-もとのり

1884-1958 明治-昭和時代の地球物理学者。
明治17年10月25日生まれ。大正11年京都帝大教授。昭和4年岩石の残留磁気の研究から,地球磁場の逆転を示唆した。7年学士院賞。24年山口大学長。昭和33年1月27日死去。73歳。大分県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松山基範
まつやまもとのり
(1884―1958)

地球物理学者。大阪府の出身。1910年(明治43)京都帝国大学理工学部物理学科を卒業し、同大学院で地球物理学を学ぶ。1916年(大正5)京都帝国大学助教授となり、1919年より1921年まで欧米へ留学。1922年教授。1929年(昭和4)には岩石磁気の研究から地質時代に地球の磁気の逆転があったことを提唱。1934~1936年にかけては潜水艦に器械を積み込み重力測定を実施し、日本海溝近傍に重力の負の異常の存在することを発見、日本列島の地学的解明に大きく貢献した。第二次世界大戦後、1949年(昭和24)には山口大学長、1950年には日本学士院会員となる。著書に『今始庵(こんしあん)だより』(1954)という随筆集がある。[藤井陽一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松山基範の関連キーワード古地磁気年代地球磁場昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山基範の関連情報