コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力偏差計 じゅうりょくへんさけい gravity variometer

2件 の用語解説(重力偏差計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力偏差計
じゅうりょくへんさけい
gravity variometer

重力ポテンシャルの2次微分係数,すなわちある地点におけるジオイドの曲率や重力の勾配を測定する器械。ブダペストで R.エートベッシュが発明したもので,エートベッシュのねじり秤ともいう。一端におもりを直結した棒を水平にし,他端に細い針金でつるしたおもりをつけ,棒の中央を細い針金で支える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりょくへんさけい【重力偏差計 gravity variometer】

ひろく重力ポテンシャルUの空間に関する二次微分(∂2U/∂x2-∂2U/∂y2),∂2U/∂z2,∂2U/∂xy,∂2U/∂yz,∂2U/∂zxの大きさを測定する計器。このうち上下方向(z)に関するUの微分は重力そのものであるから∂2U/∂z2=∂g/∂zなどであり,それぞれ重力の上下・南北・東西方向の変化率(こう配)に相当する。これらは通常の重力計で2点間の重力差を測定することで求められるが,その他の成分はポテンシャル面の曲率に関係し,その測定には狭義の重力偏差計が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重力偏差計の関連キーワードベクトルポテンシャルポテンシャルエネルギーポテンシャル論イオン化ポテンシャルポテンシャル鉱物ポテンシャル変成作用物理測地学の基本式ブルンスの式ポテンシャルエネルギー停留原理モースポテンシャル曲線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone