コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力偏差計 じゅうりょくへんさけいgravity variometer

2件 の用語解説(重力偏差計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力偏差計
じゅうりょくへんさけい
gravity variometer

重力ポテンシャルの2次微分係数,すなわちある地点におけるジオイドの曲率や重力の勾配を測定する器械。ブダペストで R.エートベッシュが発明したもので,エートベッシュのねじり秤ともいう。一端におもりを直結した棒を水平にし,他端に細い針金でつるしたおもりをつけ,棒の中央を細い針金で支える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりょくへんさけい【重力偏差計 gravity variometer】

ひろく重力ポテンシャルUの空間に関する二次微分(∂2U/∂x2-∂2U/∂y2),∂2U/∂z2,∂2U/∂xy,∂2U/∂yz,∂2U/∂zxの大きさを測定する計器。このうち上下方向(z)に関するUの微分は重力そのものであるから∂2U/∂z2=∂g/∂zなどであり,それぞれ重力の上下・南北・東西方向の変化率(こう配)に相当する。これらは通常の重力計で2点間の重力差を測定することで求められるが,その他の成分はポテンシャル面の曲率に関係し,その測定には狭義の重力偏差計が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone