コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩石磁気 がんせきじきrock magnetism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩石磁気
がんせきじき
rock magnetism

岩石の中に残っている磁気。化石磁気,古地磁気残留磁気ともいう。磁鉄鉱などの強磁性鉱物が岩石生成時の地球磁場の中で磁化したもので,この残留磁気の北が岩石生成時の磁北極である。残留磁気は火成岩変成岩に顕著であるが,火山灰が静かに沈積した堆積岩にも認められる。岩石磁気の測定から,固体地球ができてからの地球磁場の変動,磁北極と磁南極の逆転,大陸移動の形跡などを知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんせきじき【岩石磁気 rock magnetism】

磁性鉱物を含む岩石のもつ磁気的現象のことで,主として岩石の残留磁気(または残留磁化)をさすことが多い。火山から噴出した溶岩が地表で冷えて固まるとき,地球磁場方向と平行な磁化が獲得されることが知られている。古代人が用いたたき火のあと,焼いた土器,かまどなどの磁化方向も当時の地磁気の方向を示している。また,湖底や海底に沈殿した土砂の中の磁気を帯びた粒子は,地球磁場の影響を受けて固化し,その時の磁場方向が固定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岩石磁気の言及

【磁気探査】より

…すなわち,測定磁気値から地球磁場を差し引いた磁気異常によって地下の磁性岩体の存在状態を知ろうとするものである。
[地球磁場と岩石磁気]
 地球の中心部は核(コア)と呼ばれ,鉄を主体として構成されており,核の電磁流動現象により地球が一つの巨大な磁石とみなせる時間的にほとんど変化しない磁場をつくっている。このほかに磁気あらしや日変化などの電離層に原因をもつ値そのものは小さいが時間的に変化する変動磁場があり,これらが地球磁場を形づくっている。…

※「岩石磁気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩石磁気の関連キーワード化学残留磁気岩石磁気学古地磁気学松山基範永田 武火山観測磁気探査永田武物性論

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android