コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松嶺智義 しょうれい ちぎ

1件 の用語解説(松嶺智義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松嶺智義 しょうれい-ちぎ

?-1326 鎌倉時代の僧。
後深草天皇の皇子。臨済(りんざい)宗。山城(京都府)東福寺の東山湛照(とうざん-たんしょう)について出家,建仁(けんにん)寺の鏡堂覚円(きょうどう-かくえん)に師事し,湛照の法をつぐ。のち円通寺,三聖寺,万寿寺の住持をつとめた。嘉暦(かりゃく)元年10月11日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松嶺智義の関連キーワードオスマン邦良親王西園寺実衡日野俊光嘉暦マイクロ・クレジット国際協力機構JICA過疎現象と市区町村合併トルコ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone