コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平一生 まつだいら かずなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平一生 まつだいら-かずなり

1570-1604 織豊-江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)元年生まれ。松平近正(ちかまさ)の長男。慶長5年上野(こうずけ)(群馬県)三蔵(さんのくら)の父の遺領をつぎ,1万石に加増されて下野(しもつけ)(栃木県)板橋藩主松平(大給(おぎゅう))家初代。佐竹義宣(よしのぶ)の出羽(でわ)久保田への移封(いほう)に際し,松平康重(やすしげ)とともに水戸城番をつとめた。慶長9年4月25日死去。35歳。通称は五左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平一生の関連キーワード松平成重

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android