コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平利長 まつだいら としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平利長 まつだいら-としなが

?-1560 戦国時代の武将。
松平長親(ながちか)の5男。藤井松平氏の祖。三河(愛知県)碧海郡(あおみぐん)藤井を領する。天文(てんぶん)9年松平広忠(ひろただ)の命で安祥(安城)城にはいり織田信秀の軍とたたかう。永禄(えいろく)3年5月徳川家康が今川義元(よしもと)をたすけて尾張(おわり)(愛知県)丸根城を攻めたとき戦死。通称は彦四郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平利長の関連キーワード戦国時代松平信一松平長親

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android