松平利長(読み)まつだいら としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平利長 まつだいら-としなが

?-1560 戦国時代の武将。
松平長親(ながちか)の5男。藤井松平氏の祖。三河(愛知県)碧海郡(あおみぐん)藤井を領する。天文(てんぶん)9年松平広忠(ひろただ)の命で安祥(安城)城にはいり織田信秀の軍とたたかう。永禄(えいろく)3年5月徳川家康が今川義元(よしもと)をたすけて尾張(おわり)(愛知県)丸根城を攻めたとき戦死。通称は彦四郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android