松平利長(読み)まつだいら としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平利長 まつだいら-としなが

?-1560 戦国時代の武将。
松平長親(ながちか)の5男。藤井松平氏の祖。三河(愛知県)碧海郡(あおみぐん)藤井を領する。天文(てんぶん)9年松平広忠(ひろただ)の命で安祥(安城)城にはいり織田信秀の軍とたたかう。永禄(えいろく)3年5月徳川家康が今川義元(よしもと)をたすけて尾張(おわり)(愛知県)丸根城を攻めたとき戦死。通称は彦四郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android