コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康元 まつだいら やすもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康元 まつだいら-やすもと

1552-1603 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)21年生まれ。久松俊勝の次男。母は伝通院徳川家康の異父弟。永禄(えいろく)3年松平の姓をあたえられる。天正(てんしょう)18年家康の関東入国の際,下総(しもうさ)関宿(せきやど)(千葉県)に2万石をあたえられ,翌年加増され4万石。関ケ原の戦いでは江戸城留守居役。慶長8年8月14日死去。52歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。初名は勝元。通称は三郎太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平康元の関連キーワード松平内蔵允久松康元松平忠良久松氏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android